PROTECT from UVA UVAについて。

ホーム > UVAについて > UVAとUVBの違いを知ろう

UVAとUVBの違いを知ろう

紫外線を浴びると肌はダメージを受けますが、具体的に肌に現れる徴候は、UVAとUVBで異なります。ここではそれぞれの特長と、肌に与える影響について学びます。

UVA(紫外線A波)おもな肌へのダメージ … 光老化=シミ、シワ、たるみ

UVAは、地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻。浴びたUVAの20-30%が肌の奥の真皮層にまで達すると考えられており、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えます。その結果、UVAを浴びた肌は弾力を失い、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こすと考えられています。UVAはさらに、メラニン色素の合成を増やし、シミが目立つ原因をつくります。紫外線によって生じるシミ、シワ、たるみは「光老化」と呼び、肌老化の3大特長と言われています。

<UVAの特長>
・波長が長く、表皮だけでなく肌の奥の真皮まで届く
・雲や窓ガラスを通して肌まで到達する
・赤みや炎症が起きにくいので気がつかないことがある
・日常生活を送る中で「うっかり日やけ」をしやすい
UVB(紫外線B波)おもな肌へのダメージ … 日やけ、シミ

UVBは、全紫外線の約5%を占めます。おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

<UVBの特長>
・波長が短く、表皮に届く
・屋外での日やけのおもな原因
・肌に強く作用し、多量に浴びると赤く炎症を起こす
・海やリゾート地などでの「レジャー日やけ」の原因となる
UVAとUVBの肌への到達の違い

年間の紫外線量

PROTECT from UVA

UVAの肌への影響

ロレアルのUV研究

UVAについて

  • 紫外線とは?
  • UVAとUVBの違いを知ろう
  • 年間の紫外線量
  • 紫外線の多い時間帯と天候、場所

正しいUVAケア