PROTECT from UVA UVAについて。

ホーム > UVAについて > 紫外線の多い時間帯と天候、場所

紫外線の多い時間帯と天候、場所

1日の紫外線量の変化や、天候、場所などでの違いを比べてみても、UVAに対しては常にケアする姿勢が欠かせないことがわかります。

1日における紫外線量の変化

UVA(紫外線A波)1日中、注意が必要

UVAは朝から少しずつ増え続け、正午前後がピークに。夕方にかけてもあまり減らないので、1日通して日やけ止めなどの対策が必要です。

UVA(紫外線B波)正午前後がピーク

午前10時から午後4時の間が多い時間帯で、特に正午頃がピーク。日やけ止めによる予防だけでなく、袖のある衣服を着たり、帽子や日傘などで強い陽射しから肌を守るようにしましょう。

天候、場所による紫外線量の違い

紫外線は晴れの日だけでなく、曇りや雨の日でも降り注いでいます。
たとえば、曇りの日でも晴れの日の約90%もの紫外線があるので、しっかりした日やけ対策が必要です。また、紫外線は上から降り注ぐだけでなく、壁や地面に当たって反射もしています。コンクリートや砂からは土に比べて多く反射するとされていますが、特に海や雪面からの反射量はとても多いとされています。「照り返し」による日やけにも十分注意しましょう。

紫外線の「反射」と「散乱」

PROTECT from UVA

UVAの肌への影響

ロレアルのUV研究

UVAについて

  • 紫外線とは?
  • UVAとUVBの違いを知ろう
  • 年間の紫外線量
  • 紫外線の多い時間帯と天候、場所

正しいUVAケア