PROTECT from UVA 正しいUVAケア。

ホーム > 正しいUVAケア > SPFとPAの違い

SPFとPAの違い

UVAを防ぐ指標「PA」、UVBを防ぐ指標「SPF」

多くの日やけ止めには、PAとSPFの表示がされています。

PA UVAが引き起こすシミ、シワ、たるみなどの光老化から肌を守る
PA(Protection grade of UVA)UVAの防御効果を示す:PA+、PA++、PA+++、PA++++
PA+		 *UVAPF2以上4未満		UVA防止効果がある
PA++	 *UVAPF4以上8未満		UVA防止効果がかなりある
PA+++	 *UVAPF8以上16未満			UVA防止効果が非常にある
PA++++	 *UVAPF16以上			UVA防止効果が極めて高い
*UVAPF(UVA Protection Factor)はUVA防御効果を示す数値

UVAによる肌のダメージをどのくらい防止できるかの程度を示す指標。UVAPFという数値で表される指標に基づいて4段階のレベル(+~++++)で表記されます。

SPF UVBが引き起こす日やけなどのダメージから肌を守る
SPF(Sun Protection Factor)値
UVBの防御効果を示す:SPF2~ 50+

UVBを防ぐ目安として用いられる指数。
炎症で皮膚がわずかに赤くなるUVBの量を、日やけ止めを塗っている場合と、何も塗っていない状態とで比べた値。例えば、SPF50の日やけ止めをつけた場合、何も塗っていない状態に比べて50倍の紫外線を浴びて初めて赤くなることを示しています。日本では、「SPF測定法基準」により、SPFが50を超える製品は“SPF50+”と表示されます。

日やけ止めの正しい使い方

PROTECT from UVA

UVAの肌への影響

ロレアルのUV研究

UVAについて

正しいUVAケア

  • 日やけ止めの選び方
  • SPFとSPAの違い
  • 日やけ止めの正しい使い方