PROTECT from UVA UVA ロレアルのUV研究

ホーム > ロレアルのUV研究 > 特許成分メギゾリルの開発

特許成分メギゾリルの開発

ロレアルグループが特許を取得している紫外線防御剤「メギゾリル® SX」と「メギゾリル® XL」。
UVAとUVBの両方に働き、シミ、シワやたるみといった光老化から肌を守ります。

「光老化」研究のパイオニアとして

ロレアルグループは、日やけが最初に流行した1930年代から紫外線防御の研究に取り組み、1936年に世界で初めて日やけ止めオイルを発売して以来、常に業界のリーダー的存在として研究を続けてきました。
そして、シミ、シワ、たるみといった光老化がUVAによって引き起こされることにいち早く着目し、学会や学術論文を通して多くの報告を行っています。近年は、従来の漠然とした紫外線ケアという捉え方ではなく、“エイジングケアとしてのUVA対策”を目指して、より進化した成分の研究と開発を行っています。

UVA防御効果に優れたメギゾリルを開発

ロレアルグループは、有効なUVB防御剤が数多くあるのに対し、実用的で効果の高いUVA防御剤が存在しない現状を捉え、UVA防御剤の本格的な研究に着手しました。その結果、1982年にはUVA防御に有効な「メギゾリル® SX」、続いて1988年にはUVAとUVB両方の防御に有効な「メギゾリル® XL」という、ふたつの優れた紫外線防御剤の開発に成功しました。

メギソリルの特徴

メギゾリルは、紫外線UVAとUVB の広範囲な紫外線領域をカバーする性質をもち、構造が非常に安定しているため分解されにくく、長時間にわたって肌を守ってくれます。また、紫外線を受けたことで成分が変質し、肌に悪い影響を与えることがない、持続性の高い紫外線防御剤です。
メギゾリル® SXとメギゾリル® XLには、それぞれ以下のような特長があります。

メギゾリル SX
  • 高いUVAカット力がある。
  • 光安定性が高い構造のため、紫外線を吸収した後も他の有害な物質に変化する危険性が極めて低く、長時間にわたって肌を守ってくれる。
  • 水溶性のため、化粧水などの製品へ配合しやすい。
    みずみずしく軽い使い心地を実現可能。

メギゾリル XL
  • UVAとUVBの両方を広範囲にカットする。
  • 光安定性が高い構造のため、紫外線を吸収した後も他の有害な物質に変化する危険性が極めて低く、長時間にわたって肌を守ってくれる。
  • 油溶性のため、乳液やクリームなどの乳化した製品へ配合可能。
    油っぽくならず、肌なじみのよい、滑らかでソフトな感触を実現可能。

メギゾリルを配合したロレアルの製品

ロレアルグループが特許を取得している「メギゾリル® SX」と「メギゾリル® XL」は、ともに、欧州、日本での認可を受けており、
2006年7月には「メギゾリル® SX」を配合した製品が米国の食品医薬品局(FDA)から認可を受けました。
現在、メギゾリルは当グループの主要な紫外線防御剤として、数多くのブランドに使用されています。

日常使いの日やけ止めから、日やけ止め効果のあるBBクリーム、汗や水に強いウォータープルーフまたは、紫外線に敏感な肌や、
アウトドアの強い紫外線をしっかりカットする製品まで、様々なニーズや肌タイプに対応した製品を取り揃えています。