PROTECT from UVA UVA ロレアルのUV研究

ホーム > ロレアルのUV研究 > 日やけ止め開発の歩み

日やけ止め開発の歩み

ヨーロッパでは1935年、白い肌の人気がすっかり影をひそめる。ショートパンツなど、ファッションがどんどんスポーティになり、肌を小麦色にやくことが常識に。

世界初の日やけ止めオイル「アンブル ソレール」を発表

ロレアルが採用した小麦色の肌に金髪のモデル“スージー”が人気を呼ぶ。

1940

1950年代

チューブ入りクリーム「アンブル ソレール トタル」を発売
海やスキー場でも、日やけ止め効果を発揮するスター製品となる

1950年~1970年代の日本人女性は、まだ紫外線のダメージに無関心で、小麦色肌がトレンドに。「夏はサンオイルでこんがり小麦肌」という時代。同時に秋から冬にかけては美白化粧品がヒットし、「夏は小麦色、冬は白肌」が主流に。

日やけ止めオイルより肌への刺激が少ない紫外線防御剤が入った日やけ止めムースを発売

1970年代

ビオテルムブランドは、日やけした女性に罪悪感を抱かせることなく、警告を発した最初のブラントの一つ。「日光浴びてもシワはなし」は、シワ防止の日やけ止めのキャッチフレーズとなる

サーファーファッションの大流行で茶色に染めた長い髪と日やけが日本ではブーム。

いち早くUVAによる「光老化」に着目。UVAの防御に関する研究を本格的に開始する

UVAを防ぐ画期的な紫外線防御剤「メギゾリル® SX」を開発する

UVAとUVBを防ぐ「メギゾリル® XL」が開発される
マスマーケット向けの海外ブランド「ガルニエ」にメギゾリル® XLが初めて配合される

1980年代

1990年代

日本はガングロブームで日やけサロン急増。ただし大人の女性は美白志向。

日本化粧品工業連合会によるUVBの防止効果測定のためのSPF測定法基準が発効となる

「メギゾリル® SX」を配合した日やけ止めを欧州で初めて発売する

日本化粧品工業連合会によるUVA防止効果測定法基準(PA分類)が発効となる

日本、空前の美白ブームへ。

「メギゾリル® SX」が厚生省に承認され、化粧品の日やけ止め製品の原料として使用可能となる

「メギゾリル® XL」が厚生労働省の使用可能な紫外線防御剤リストに収載され、化粧品の日やけ止め製品の原料として使用可能となる

「メギゾリル® SX」と「メギゾリル® XL」を配合した日本初の日やけ止め、ラ ロッシュ ポゼブランドの「アンテリオス XL」を発売する  

欧州委員会(ヨーロッパ連合政策執行機関)、UVAが肌に与える「光老化」の重大性を認識し、UVAの防御効果を示すPPD値は、SPF値の3分の1以上であるべきという勧告を表明。この条件を満たした製品にUVAロゴ採用の提案がなされる

「メギゾリル® SX」を配合した製品が米国の食品医薬品局(FDA)から承認される

UVAから肌を守る「PROTECT from UVA」プロジェクトを日本で発足

2000年代