NIHON LOREAL


日本ロレアルについて沿革

日本ロレアルの軌跡
日本でのビジネスを1963年にスタートし、以来、
髪と肌のトータルビューティを提供する企業を目指して次々とビジネスを展開してきました。
ロレアルグループの戦略的な創造拠点として重要な役割を担っており、
アジアで初の研究拠点を開設したほか、
アジアで唯一高級ブランドを製造する工場を擁しています。

コーセーの狭山工場敷地内(左:ロレアルの工場 右:コーセーの工場)

ロレアル ヘアデザインショー

1963

株式会社小林コーセー(現 株式会社コーセー)と提携し、サロン事業を開始。ロレアルにとって日本は異国の地での新たなチャレンジであり、日本での事業展開の基礎を学び、大きな支えになったのは株式会社小林コーセーとのパートナーシップでした。最初の事業としてサロン事業を立ち上げ、「ロレアル プロフェッショナル」を取り扱う。

1969

「ロレアル パリ」の販売開始

1976

総合スーパー(GMS)やドラッグストア向けの
マスマーケット事業を開始

1978

百貨店向けのラグジュアリ事業を立ち上げ、
「ランコム」の販売開始

1983

アジア初の研究開発施設を東京に開設
「ヘレナ ルビンスタイン」の販売を開始

1985

静岡県御殿場市に日本の工場「コスメロール」を置き、アジアで
唯一アジア向けのラグジュアリブランドのスキンケア、メイク
アップ製品を製造。「ヘレナ ルビンスタイン」が建設した工場が
1985年にロレアルグループの傘下に入ると同時に
日本の工場となる。

1990

「ケラスターゼ」「ラルフ・ローレン」の販売開始

1991

「アレクサンドル ドゥ パリ」の販売開始

1996

日本ロレアル株式会社を設立

日本ロレアル研究開発センターを川崎に開設

1999

「メイベリン ニューヨーク」の販売開始

2002

「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」の販売開始

2003

「ラ ロッシュ ポゼ」の販売開始

2004

「シュウ ウエムラ」「アトリエメイド
by シュウ ウエムラ」の販売開始

2005

日本の若手女性科学者を支援する社会貢献活動
「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を創設

2006

新宿パークタワーに本社移転を完了

2007

「ディーゼル」の販売開始

2008

美容師とともに行うHIV/エイズ予防教育活動を開始

「キールズ」「スキンシューティカルズ」の販売開始

2009

ロレアルグループ創設100周年を記念して社会貢献活動「100 LOVE HANDS」を創設。独自のハンドマッサージ
を取り入れた“タッチセラピー”プログラムを女性がん患者の方や難病のお子さんを抱えるお母さん方を対象に実施

「イヴ・サンローラン・ボーテ」の販売開始


2011

東北復興支援プロジェクト「美容師のちから」(移動式美容室バスでの活動)を開始
東北復興支援プロジェクト コミュニティカフェ「HANA荘」開設

2012

「クラリソニック」の販売開始

2013

ロレアルが日本でビジネスを開始して50周年を迎える。
日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター
創設30周年を迎え、アジアで唯一、基礎、応用、開発、評価の
すべての研究機能を備えた施設となる。

「ロジェ・ガレ」の販売開始

2014

「エッシー」「カリタ」「デクレオール」の販売開始


pagetop